過去通関士をしていました。通関士の良いところ、そして悪い所も包み隠さず紹介します。

通関士の足跡

未分類

検定試験をサボって2万円損した

投稿日:

こんにちは。

たまごんです。

久しぶりにブログを更新します。

 

私自身の話ですが、ある検定を取ろうと思いしばらく勉強をしておりました。

しかし、結果は・・・でしたよ。

 

久しぶりの試験勉強は辛かった

久しぶりに、ある検定試験のために勉強をしました。

厚さ2センチほどのA4サイズの参考書と問題集を2回ぐらいしたかな。

通関士よりは楽だと思っていたのですが・・・。

 

通関士試験以来の久しぶりの勉強辛かったです。

ちなみに試験は、貿易関係とはちょっとだけ被る試験です。

 

あと、もうちょっとすれば合格できそうなレベルに達していましたが、

まさかの試験に欠席をしてしまいました。

 

検定料もすでに払い込んでいたので、丸損ですが、

どうしても、やる気がでず、サボっちゃいましたね。

もうこの試験は受けることは無いでしょう。

 

 

必要のない試験はやる気も出ない

何故やる気がでず、受験しなかったのか振り返ってみると、大体こんな感じです。

〇 仕事終わりに勉強すると時間がない。

〇 今の勉強量では受験しても落ちる可能性が高いと思った。

〇 試験会場が遠く、休日に出向くのが面倒だった。

 

私は、この三つの理由で検定試験をスルーして、

試験日の朝はゆっくりベッドで眠っていました。

 

例え合格しても、どう役に立つのかわからない検定試験だったので、

最初はやる気があったのですが、いつの間にかやる気が冷めてしまいました。

 

やる気が冷めてしまうと、勉強はどんどん苦痛になってしまっていましたね。

 

試験をサボるって気持ちいいな

なんとも怠惰な喜びですが、検定当日の朝に暖かいベッドの中で

2度寝して試験をサボるのはなんとも幸せな気分でしたよ。

 

いままで、こんなことはしたことがありませんが、

試験会場で必ず空席になっているところがある理由が少し分かった気がします。

 

なかなか合格できないのは必要ないから

今回の件で、よくわかったのですが、

必要のない資格はなかなか合格しないと思います。

 

他の試験でも同じですが、何度受けても合格しないような場合は、

そもそも本当はその資格が自分に必要ないものなんじゃないでしょうか。

 

必要がないから、勉強に身も入らないし、

やる気も中途半端、そして試験運も下がるのでしょう。

 

今回は良い勉強になりました。

損害額約2万円です。

まー仕方ないね。

-未分類

Copyright© 通関士の足跡 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.