過去通関士をしていました。通関士の良いところ、そして悪い所も包み隠さず紹介します。

通関士の足跡

未分類

次の試験(今年)はどっちかなー?

投稿日:

こんにちは。

たまごんです。

無茶苦茶久しぶりにサイトを開いてみましたら、コメントもあったりして、

しばらく書くこともネタ切れで、放置していましたが少しづつ書いていきたいと思います。

 

第51回通関士試験(平成29年)の合格率は高かったな!

去年の通関士試験の合格率を見てみました。

 

なんと20%越えの大台です。

 

受験生がしっかり勉強している証拠ですね。

 

昔みたいに、とりあえず受けてみるような方が減ったのかもしれません。

 

第50回(平成28年)が9%台の合格率だったので、驚きです。

 

このままの合格率で次の試験も続くのか気になるところです。

 

今年(平成30年)の試験は反動で難しくなる!?

だいたい世の中の常なのですが、ある程度こういうものは調節されているものだと思います。

 

合格者が多いということは、需要があるか需要が見込まれているのでしょう。

 

ということは次の試験も、20%台・・・とはいかないかもしれません。

 

考えらるパターンは、今年合格者が多かったから次の試験は問題を難しくしてくるパターンがまずあります。

 

もう一つは次の試験も今年と同じラインでの合格率を維持してくるパターン。

 

次の試験(今年)はどっちかなー?

 

今年はどっちで来ても対応できるようにキツメでがんばること

今年通関士試験を考えているひとは、キツメのプランで勉強するのが安全かなと思います。

 

それなら、問題を難しくしてきても対応できるはずです。

 

なんとなくですが、次は合格率を絞ってきそうな気がします。

 

問題を作っている人は過去の平均的な合格率を目指して作るはずです。

 

ということは、「去年は倍の合格率になったので、今年の問題は去年よりは・・・・」と考えるのが、

ものの道理だとオジサンは考えてしまいます。

 

あなたはどう思いますか?

 

-未分類

Copyright© 通関士の足跡 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.